星が丘サイクリングスクール

MESSAGE

代表からのメッセージ

草原を走る自転車のシルエット

近年、スポーツサイクルの所有台数が増加傾向にあります。

 

その目的は単なる移動手段としてでなく、

健康維持として

ダイエットとして

趣味として

など、それぞれで異なるでしょう。

 

スポーツサイクルは、一般車(いわゆるママチャリ)とは違い、誰もが速度を上げて走ることができますし、ときに原動機付自転車(いわゆる原付)の制限速度を超えて走り続けることもできます。

 

そんなスポーツサイクルは、年齢や性別など関係なく”運転免許書のいらない乗り物”として誰もが手にすることができますが、私が活動する名古屋市内や、その近郊の市町村にて数多くのサイクリスト(スポーツサイクルに乗る人)を見かけることが増えましたが、

 

歩道の過剰速度での走行、

車道の逆走、

自転車の整備不良、

 

など、いつか誰かに危害を及ぼすだけでなく、自身の身を危険に晒しながら走行しているシーンを見かけることが増えました。

 

“安全ではないサイクリングはサイクリングにあらず”

 

海外にて所属したサイクリングチームで、そう教えていただいた私は、今まで自転車に乗り続けることで学んだ経験と知識を、スクールを通して、一人ひとりの目的目標に合わせた”安全”として提供し、

歩行者と自転車

自転車と自動車

が共存できる社会を作りたいと考えました。

 

それが達成できた先に、より楽しいサイクリングライフが待っていると信じて。

 

受講してくださった一人ひとりが怪我や事故なく、笑顔で”ただいま”と言えるサイクリングライフを、当スクールから提供していきます。

 

2021年5月 代表理事 伊藤透